Forum

14 1月 2010 Under:

“Forum” への126件のコメント

  1. ひろべー より:

    これから始めようと思っています。
    カメラは、UVC, DirectShow どちらでも OK なのですか?

  2. Rev より:

    初めて投稿します。iOSのopencv frameworkを使っていたのですが、cv::VideoCaptureで
    int frameRate = capture.get(CV_CAP_PROP_FPS);
    としたときに開いているビデオのフレームレートが取得できず、必ず1になるのはバグでしょうか。

  3. koeda より:

    qwerty

  4. Kate est de se fiancer autrefois au prince William la première semaine de Juin juste un clou bracelet cartier . Bien sûr, cela est tout simplement la spéculation, mais ai le clou cartier bracelet nsi va beaucoup une rumeur. Le couple a été datant depuis 2001 et le calendrier royal a été autorisé pour la première semaine de Juin. Waves vagues lâches sont à cartier love rose gold bracelet

  5. タコノエサ より:

    あまり活発ではないようですが
    見る人がいるかもしれませんので書いておきます
    visual studio 2015でNuGetでOpenCVを導入した場合
    .libや.dllがインストールされず
    リンクエラーになるようなのでご注意を
    voisual studio 2013 / 2015でNuGetのバージョンが異なるため
    OpenCVをNuGet用にパッケージする際、2015のNuGetを考慮して
    パッケージしなければならないのにしていないのが原因な気がします

  6. わい より:

    ここって死んでるんですか?

  7. tanaka より:

    opencv_core231.pdbが開けないというエラーがでてくるときはどうすればよいでしょうか。

  8. わい より:

    img.at(y,x)[0] = 255;
    こういうことはしてはいけないのですか?

  9. わい より:

    わいです。C++は問題ないですがeclipseだのMinGWだのは初心者というか初めてです。
    職場でOpenCVを使っているのですが、自宅にもOpenCVを勉強する環境が欲しくなり、
    フリーのOpenCV環境を作ろうとしています。

    無料のVSを使う手もありますが、どうせならそういうのからもフリーで行きたいので、
    eclipse(pleiades CDT)をインストールし、HelloWorld.cppは動かしました。

    opencv-2.4.10.exeをダウンロードしc:\に展開、そのフォルダ名をopencv-2.4.10とリネームしました。
    OSはWindows7x64なので、それらしいものを探すと、C:\opencv-2.4.10\build\x64というのを発見。
    が、そこにはvc10,vc11,vc12と3つフォルダがあるだけで、MinGWがありません。

    方々ググってみた所、cmakeって言うのを使えみたいのが多いのですが、
    opencv-2.4.??.exeならその必要は無いと読めるものもあり、
    どれを信じれば良いものやら判りません。#古い記事はアテにならない場合も多いし

    殆どFAQなのでしょうが、どなたか教えていただけませんか?

  10. かんしん より:

    初めて投稿します。
    OpenCVを使ってiOS上でVideoを弄りたいと思っています。
    CVImageBufferRefをcv::Matに変更してOpenCVを走らせるところまではわかったのですが、できればcv:MatをCVImageBufferRefへ戻したいと思っています。
    C++初心者なのでC++を普通に使える方には当たり前すぎる質問かもしれませんが、サンプルのソースコードとか載っけて頂けるとすごく嬉しいです。

  11. ふぉとり より:

    OpenCVの勉強を最近始めました。
    教え頂きたいことは、顔の認識についてです。
    ObjectMarkerを使用して顔の位置を指定する場合、四角の位置を決める、コツとかはあるのでしょうか?顎から眉までが入ればいいのでしょうか?これからたくさんの画像を指定していくので、最初が肝心かと思いまして、どなたかお教えください。

  12. しんげん より:

    OpenCV初心者です。
    MacでOpenCVを使えるようにしようと思い,cmakeを使ってOpenCVをインストールしようとしたのですがうまくいきませんでした。
    どなたか簡単にOpenCVをインストールできる方法を教えてください。

  13. しんげん より:

    OpenCV初心者です。
    Macを使ってOpenCVを使おうと思っていますが,Xcodeでうまく設定できません。Macでできるだけ簡単にOpenCVを使えるようにする方法を知っていれば教えて欲しいです。

  14. cof-fee より:

    始めまして。
    画像処理の知識は殆ど無く、openCVについて最近扱い始めた初心者です。
    openCVを使用したテンプレートマッチングの処理を試しているのですが、
    cv::matchTemplateのmethodにCV_TM_CCOEFF_NORMEDを設定して
    画像の比較をしています。

    その際、テンプレートとして選んだ絵柄に対して全く違って見えるような
    殆ど白に近い領域(灰色のムラがある)に高い比較結果(result=0.7程度)が出ることがあります。

    CV_TM_CCOEFF_NORMEDはゼロ平均正規化相互相関(ZNCC)を求める演算らしいのですが、
    この演算を使用した場合、灰色交じりの白地は誤検知が起こりやすいものなのでしょうか。
    「ゼロ平均正規化相互相関」で検索しても余りそのようなデメリットが言及されていないため、
    ここで質問させて頂きました。

    質問の内容が、このフォーラムの趣旨に合わないようでしたら申し訳ありません。
    ご存知の方がいましたら、ご教授願います。

  15. ぶしどう より:

    どうc++初心者です。
    現在openCV2.49を使い、色を尤度とするパーティクルフィルタのサンプルコードを実装
    したのですが、その中の式で
    cvConDensUpdateByTime();
    という更新式があるのですが、この式はどのような処理を行っているのでしょうか?
    どなたかご存知の方教えてください

  16. じばにゃん より:

    EstimateRigidTransformを使いたいんですがうまく動きません。
    下記のコードで動くんですが結果が単位行列になりません。
    点群の与え方がよく分からないので間違っている?

    ‘移動なし
    ‘srcPnt(0) = New CvPoint2D32f(100.0F, 100.0F)
    ‘srcPnt(1) = New CvPoint2D32f(200.0F, 100.0F)
    ‘srcPnt(2) = New CvPoint2D32f(200.0F, 200.0F)
    ‘dstPnt(0) = New CvPoint2D32f(100.0F, 100.0F)
    ‘dstPnt(1) = New CvPoint2D32f(200.0F, 100.0F)
    ‘dstPnt(2) = New CvPoint2D32f(200.0F, 200.0F)

    Dim srcPnt As CvMat
    srcPnt = Cv.CreateMat(3, 2, MatrixType.U8C1)
    srcPnt.SetZero()
    srcPnt.SetReal2D(0, 0, 100) : srcPnt.SetReal2D(0, 1, 100)
    srcPnt.SetReal2D(1, 0, 200) : srcPnt.SetReal2D(1, 1, 100)
    srcPnt.SetReal2D(2, 0, 200) : srcPnt.SetReal2D(2, 1, 200)

    Dim dstPnt As CvMat
    dstPnt = Cv.CreateMat(3, 2, MatrixType.U8C1)
    dstPnt.SetZero()
    dstPnt.SetReal2D(0, 0, 100) : dstPnt.SetReal2D(0, 1, 100)
    dstPnt.SetReal2D(1, 0, 200) : dstPnt.SetReal2D(1, 1, 100)
    dstPnt.SetReal2D(2, 0, 200) : dstPnt.SetReal2D(2, 1, 200)

    Dim mapMatrix As CvMat
    mapMatrix = Cv.CreateMat(2, 3, MatrixType.U8C1)
    Cv.EstimateRigidTransform(srcPnt, dstPnt, mapMatrix, False)

  17. じばにゃん より:

    OpenCVを最近使い始めた初心者です。

    斜め上から撮影した畑の写真があります。
    畑の角は実測座標(平面直角座標)が分かっています。
    この写真を真上から見た状態に幾何補正して1m解像度でリサンプリングするにはどのような手順で処理すればいいでしょうか?
    mapMatrix As CvMat = Cv.GetAffineTransform(srcPnt, dstPnt)
    Cv.WarpAffine(srcImg, dstImg, mapMatrix)
    とすれば変換できますが、
    ピクセル座標と実座標の値が違いすぎて変換後の必要な部分だけの画像の作り方がわかりません。
    また、変換後に1m解像度(1ピクセルが地上の1m四方に相当)にする方法が分かりません。出力ピクセルに対応する入力ピクセルが1つの場合も複数になる場合もあると思います。

  18. たくたく より:

    現在、犬の顔を検出するためのカスケードファイルを作成しようとしています。
    「opencv_traincascade」で作成しようとしているのですが、「-featureType LBP」オプションを付けると、CPU使用率が300%とか見たことが無い数値になって、全く進んでいるように見えなく状態で止まってしまいます。環境はMacBookProを使用しております。原因は何が考えられますでしょうか。「-featureType LBP」オプションを付けずに実行すると、最後までエラー無く、カスケードファイルが完成します。何かご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示いただきたく。よろしくお願いいたします。

  19. suika より:

    OpenCV2.4.9をVisual Studio2013 expressで設定しました。
    設定が正しいか、ファイルを表示するだけの簡単なコードを実行したところ

    >CC:\Program Files\opencv\build\x64\vc10\staticlib\IlmImf.pdb : fatal error LNK1107:ファイルが無効であるか、壊れています。:0×109000を読み取れません。

    と出てしまい困っています。

    =============================================
    #include
    #include
    #include

    int _tmain(int argc)
    {
    IplImage *src_img = 0, *dst_img;

    // (1)画像を読み込む
    src_img = cvLoadImage(“C\\Users\\...\\thNDM091S8.jpg”, CV_LOAD_IMAGE_COLOR);

    // (6)画像の表示
    cvNamedWindow(“Fitting”, CV_WINDOW_AUTOSIZE);
    cvShowImage(“Fitting”, src_img);
    cvWaitKey(0);

    cvDestroyWindow(“Fitting”);
    cvReleaseImage(&src_img);

    return 0;
    }
    ==================================

    実行ファイルの設定はx64とx86両方のbin、
    インクルードは

    エラー原因は[リンカー]−[入力]-[追加の依存ファイル]の設定でしょうか。
    当初、libとstaticlibフォルダの中にある、拡張子pbdを含む、重複なしのすべてのファイルを[追加の依存ファイル]に設定していましたが、これがエラーの原因かと思い、
    libとstaticlibフォルダ内の、拡張子libのみに修正しました。
    が、同じエラーが依然として出ています。以下の内容です。
    IlmImf.lib
    IlmImfd.lib
    libjasper.lib
    libjasperd.lib
    libjpeg.lib
    libjpegd.lib
    libpng.lib
    libpngd.lib
    libtiff.lib
    libtiffd.lib
    opencv_calib3d249.lib
    opencv_calib3d249d.lib
    opencv_contrib249.lib
    opencv_contrib249d.lib
    opencv_core249.lib
    opencv_core249d.lib
    opencv_features2d249.lib
    opencv_features2d249d.lib
    opencv_flann249.lib
    opencv_flann249d.lib
    opencv_gpu249.lib
    opencv_gpu249d.lib
    opencv_highgui249.lib
    opencv_highgui249d.lib
    opencv_imgproc249.lib
    opencv_imgproc249d.lib
    opencv_legacy249.lib
    opencv_legacy249d.lib
    opencv_ml249.lib
    opencv_ml249d.lib
    opencv_nonfree249.lib
    opencv_nonfree249d.lib
    opencv_objdetect249.lib
    opencv_objdetect249d.lib
    opencv_ocl249.lib
    opencv_ocl249d.lib
    opencv_photo249.lib
    opencv_photo249d.lib
    opencv_stitching249.lib
    opencv_stitching249d.lib
    opencv_superres249.lib
    opencv_superres249d.lib
    opencv_ts249.lib
    opencv_ts249d.lib
    opencv_video249.lib
    opencv_video249d.lib
    opencv_videostab249.lib
    opencv_videostab249d.lib
    zlib.lib
    zlibd.lib

    インクルードは
    \opencv\build\include\opencv と
    \opencv\build\include   の2つを設定しています。

    再度 こちらのダウンロードサイトからopencv2-4-9をDLし、IlmLmf.pdbファイルを上書きしましたがエラーが変わりません。
    そもそもこのファイルをどこかで設定しているわけではありません。
    本当にこのファイルが壊れている、ということはないのですよね。。。

    解決法をぜひ教えてください。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • funadesitanonitakonoesa より:

      OpenCv 2.4.8でいいのであればNuGetを使えば導入は簡単です
      ただしソリューション毎にライブラリのファイルを保持するので
      容量が気になる場合は注意してください

      VisualStudio 2012以降ではNuGetパッケージマネージャという機能があり
      対応するライブラリの導入はいたって簡単です
      パス云々の設定をする必要もなく導入できます

      NuGetパッケージマネージャーをインストール
      Visual Studio 2013を起動しメニューのツール→拡張機能と更新プログラムを選択します
      ウインドウが開くと思いますのでオンライン→VisulStudioギャラリーを選択します
      右上の検索欄にNuGetといれ検索します(検索しなくてもTopに出ると思います)
      “NuGet Package Manager for Visual Studio 2013″の”ダウンロード”をクリックします
      ユーザーアカウント制御のウインドウが表示されるので”はい”を押します
      VSIX インストーラーのウインドウが表示されインストールするかどうか聞いてくるので
      “インストール”を押します

      メニュー→ツールに”NuGetパッケージマネージャ”と表示されていればインストール完了です

      NuGetパッケージマネージャーによるOpenCVの導入
      プロジェクトを新規作成
      VisualC++/空のプロジェクト
      ソースコードの追加

      ソリューション全体への導入
      ツール→NuGetパッケージマネージャー→ソリューションのNuGetパッケージ管理
      プロジェクト単位の導入
      プロジェクト→NuGetパッケージ管理
      以下共通
      NuGetパッケージの管理のウィンドウが開くので
      右上の検索キーワード入力欄にOpenCvと入力して検索
      一番上もしくはVersion2.4.8のものを選択
      インストールをクリック

      インクルードは
      #include
      #include
      のように書きます

      あとはコードを書くだけです

  20. yoss_tkb より:

    Windows7 64bit / OpenCV 2.4.5 を利用しています

    cv::imshow()という関数を使用して画像を繰り返し表示すると、
    全画像、描画されずに、頻繁に画像が落ちます。
    cv::imshow()の後には、
    cv::waitKey(1)
    とやっています。

    この現象から、どのような問題があるのか、分かりますでしょうか。
    問題の理由や対処法など、分かりましたら教えてください。

    • yoss_tkb より:

      補足です。
      マルチタスクで動かしています。
      waitkeyを複数回、呼び出すようにしたら、多少改善しました。別スレッドで定期的に呼び出すほうがいいのでしょうか?

  21. ねずみ男 より:

    OpenCVというか、JavaCVに関する質問になるのですが、
    以下の点ご存知の方いらっしゃいましたらご教示いただければと思います。

    ・環境:CentOS6.5 x86 64

    javaCVのサイト(https://code.google.com/p/javacv/)からjavacv-0.7*.jarをDLして、
    手元の環境で以下のようなコードを実行しました。

    — ソースコード抜粋 ————————————————————
    FrameGrabber grabber = null;
    try {
    grabber = new FFmpegFrameGrabber(“/tmp/test.mov”);
    grabber.start();
    ———————————————————————————

    すると、以下のような実行時エラーが発生しました。

    ①リンクエラー
    Exception in thread “main” java.lang.UnsatisfiedLinkError: no jniopencv_highgui in java.library.path
    at java.lang.ClassLoader.loadLibrary(ClassLoader.java:1886)
    at java.lang.Runtime.loadLibrary0(Runtime.java:849)
    at java.lang.System.loadLibrary(System.java:1088)
    at com.googlecode.javacpp.Loader.loadLibrary(Loader.java:711)
    at com.googlecode.javacpp.Loader.load(Loader.java:586)
    at com.googlecode.javacpp.Loader.load(Loader.java:540)
    at com.googlecode.javacv.cpp.opencv_highgui.(opencv_highgui.java:79)
    at com.googlecode.javacv.OpenCVFrameGrabber.start(OpenCVFrameGrabber.java:169)
    at TestMain_B.main(TestMain_B.java:37)
    Caused by: java.lang.UnsatisfiedLinkError: /tmp/javacpp29480979734111/libjniopencv_highgui.so: /lib64/libc.so.6: version `GLIBC_2.14′ not found (required by /tmp/javacpp29480979734111/libjniopencv_highgui.so)
    at java.lang.ClassLoader$NativeLibrary.load(Native Method)
    at java.lang.ClassLoader.loadLibrary1(ClassLoader.java:1965)
    at java.lang.ClassLoader.loadLibrary0(ClassLoader.java:1890)
    at java.lang.ClassLoader.loadLibrary(ClassLoader.java:1851)
    at java.lang.Runtime.load0(Runtime.java:795)
    at java.lang.System.load(System.java:1062)
    at com.googlecode.javacpp.Loader.loadLibrary(Loader.java:700)
    … 5 more

    このエラーについて調査した結果、環境上で再度makeしてjarを作り直す
    必要があるようなので、以下のサイトを参考にjarを作成しなおしました。

    https://github.com/imintel/javacv-on-centos-6/blob/master/entry.md

    その後作成されたjarをクラスパス上に設定してみたところ、
    javacv.jarよりFFmpegFrameGrabberクラスがなくなっておりコンパイルエラーになりました。

    仕方がないので動画読み込みをOpenCVFrameGrabberクラスに変更したところ、
    以下のような実行時エラーが発生して動画読み込みが失敗します。

    ②キャプチャ不可エラー
    reateFileCapture() Error: Could not create camera capture.

    とりあえずここまで実行したところなのですが、
    以下の点について情報をご存知ないでしょうか。

    1.FFmpegFrameGrabberクラスが消えた理由。
     もし別な場所?などに移動されたのでしたらその辺の情報はありませんか。

    2.①エラーの原因について
    試しに同じ環境をFedoraで作成したところ、そちらでは同ソースコードは
     問題なく動くようでした。glibcが古いか存在しないように見えますが、
     この辺の詳細情報を教えていただければと思います。

    3.②エラーの原因について
     こちらも今ひとつ原因がわかりません。
     英語であればいろいろ情報が引っかかるのですが、明確な解決策が見つからない状態です。

    javaCV本家を見ると、バージョン0.8を準備中のようですが…。
    まだまだ気軽に使うには問題が多いということでしょうか。

    以上、よろしくお願いいたします。m(_ _)m

  22. ユニ より:

    はじめまして。
    OpenCV2.4.9(Eclipse、MinGW)のビルドについて質問です。
    CmakeでMakefileを生成し、ビルドを開始すると途中でエラーが発生します。
    このエラーに関して解説頂きたく、よろしくお願いします。

    Traceback (most recent call last):
    File “”, line 1, in
    ImportError: No module named numpy.distutils
    C:\opencv\sources\modules\calib3d\src\stereosgbm.cpp:
    In member function
    ‘virtual void cv::StereoSGBM::operator()(const cv::_InputArray&, const cv::_InputArray&, const cv::_OutputArray&)’:
    C:\opencv\sources\modules\calib3d\src\stereosgbm.cpp:822:6: internal compiler error: in build_polynomial_chrec, at tree-chrec.h:143
    Please submit a full bug report,
    with preprocessed source if appropriate.
    See for instructions.
    mingw32-make[2]: *** [modules/calib3d/CMakeFiles/opencv_calib3d.dir/src/stereosgbm.cpp.obj] Error 1
    mingw32-make[1]: *** [modules/calib3d/CMakeFiles/opencv_calib3d.dir/all] Error 2
    mingw32-make: *** [all] Error 2

  23. つるぎん より:

    Java tests が YES にならない理由、思い当たるところないでしょうか??
    下記のログに出ていますが、ANT, JDK(ORACLE)はインストール済みです。
    さくらVPSをつかっています。

    git cloneでソースを持ってきて、cmakeをしているだけです。

    [root@www6018uf build]# cmake -DBUILD_SHARED_LIBS=OFF ..
    – The CXX compiler identification is GNU
    – The C compiler identification is GNU
    – Check for working CXX compiler: /usr/bin/c++
    – Check for working CXX compiler: /usr/bin/c++ — works
    – Detecting CXX compiler ABI info
    – Detecting CXX compiler ABI info – done
    – Check for working C compiler: /usr/bin/gcc
    – Check for working C compiler: /usr/bin/gcc — works
    – Detecting C compiler ABI info
    – Detecting C compiler ABI info – done
    – Detected version of GNU GCC: 44 (404)
    – Performing Test HAVE_CXX_FSIGNED_CHAR
    – Performing Test HAVE_CXX_FSIGNED_CHAR – Success
    – Performing Test HAVE_C_FSIGNED_CHAR
    – Performing Test HAVE_C_FSIGNED_CHAR – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_W
    – Performing Test HAVE_CXX_W – Success
    – Performing Test HAVE_C_W
    – Performing Test HAVE_C_W – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WALL
    – Performing Test HAVE_CXX_WALL – Success
    – Performing Test HAVE_C_WALL
    – Performing Test HAVE_C_WALL – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WERROR_RETURN_TYPE
    – Performing Test HAVE_CXX_WERROR_RETURN_TYPE – Success
    – Performing Test HAVE_C_WERROR_RETURN_TYPE
    – Performing Test HAVE_C_WERROR_RETURN_TYPE – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WERROR_ADDRESS
    – Performing Test HAVE_CXX_WERROR_ADDRESS – Success
    – Performing Test HAVE_C_WERROR_ADDRESS
    – Performing Test HAVE_C_WERROR_ADDRESS – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WERROR_SEQUENCE_POINT
    – Performing Test HAVE_CXX_WERROR_SEQUENCE_POINT – Success
    – Performing Test HAVE_C_WERROR_SEQUENCE_POINT
    – Performing Test HAVE_C_WERROR_SEQUENCE_POINT – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WFORMAT
    – Performing Test HAVE_CXX_WFORMAT – Success
    – Performing Test HAVE_C_WFORMAT
    – Performing Test HAVE_C_WFORMAT – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WERROR_FORMAT_SECURITY
    – Performing Test HAVE_CXX_WERROR_FORMAT_SECURITY – Success
    – Performing Test HAVE_C_WERROR_FORMAT_SECURITY
    – Performing Test HAVE_C_WERROR_FORMAT_SECURITY – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WMISSING_DECLARATIONS
    – Performing Test HAVE_CXX_WMISSING_DECLARATIONS – Success
    – Performing Test HAVE_C_WMISSING_DECLARATIONS
    – Performing Test HAVE_C_WMISSING_DECLARATIONS – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WMISSING_PROTOTYPES
    – Performing Test HAVE_CXX_WMISSING_PROTOTYPES – Failed
    – Performing Test HAVE_C_WMISSING_PROTOTYPES
    – Performing Test HAVE_C_WMISSING_PROTOTYPES – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WSTRICT_PROTOTYPES
    – Performing Test HAVE_CXX_WSTRICT_PROTOTYPES – Failed
    – Performing Test HAVE_C_WSTRICT_PROTOTYPES
    – Performing Test HAVE_C_WSTRICT_PROTOTYPES – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WUNDEF
    – Performing Test HAVE_CXX_WUNDEF – Success
    – Performing Test HAVE_C_WUNDEF
    – Performing Test HAVE_C_WUNDEF – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WINIT_SELF
    – Performing Test HAVE_CXX_WINIT_SELF – Success
    – Performing Test HAVE_C_WINIT_SELF
    – Performing Test HAVE_C_WINIT_SELF – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WPOINTER_ARITH
    – Performing Test HAVE_CXX_WPOINTER_ARITH – Success
    – Performing Test HAVE_C_WPOINTER_ARITH
    – Performing Test HAVE_C_WPOINTER_ARITH – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WSHADOW
    – Performing Test HAVE_CXX_WSHADOW – Success
    – Performing Test HAVE_C_WSHADOW
    – Performing Test HAVE_C_WSHADOW – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WSIGN_PROMO
    – Performing Test HAVE_CXX_WSIGN_PROMO – Success
    – Performing Test HAVE_C_WSIGN_PROMO
    – Performing Test HAVE_C_WSIGN_PROMO – Failed
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_NARROWING
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_NARROWING – Failed
    – Performing Test HAVE_C_WNO_NARROWING
    – Performing Test HAVE_C_WNO_NARROWING – Failed
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_DELETE_NON_VIRTUAL_DTOR
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_DELETE_NON_VIRTUAL_DTOR – Failed
    – Performing Test HAVE_C_WNO_DELETE_NON_VIRTUAL_DTOR
    – Performing Test HAVE_C_WNO_DELETE_NON_VIRTUAL_DTOR – Failed
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_UNNAMED_TYPE_TEMPLATE_ARGS
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_UNNAMED_TYPE_TEMPLATE_ARGS – Failed
    – Performing Test HAVE_C_WNO_UNNAMED_TYPE_TEMPLATE_ARGS
    – Performing Test HAVE_C_WNO_UNNAMED_TYPE_TEMPLATE_ARGS – Failed
    – Performing Test HAVE_CXX_FDIAGNOSTICS_SHOW_OPTION
    – Performing Test HAVE_CXX_FDIAGNOSTICS_SHOW_OPTION – Success
    – Performing Test HAVE_C_FDIAGNOSTICS_SHOW_OPTION
    – Performing Test HAVE_C_FDIAGNOSTICS_SHOW_OPTION – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_LONG_LONG
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_LONG_LONG – Success
    – Performing Test HAVE_C_WNO_LONG_LONG
    – Performing Test HAVE_C_WNO_LONG_LONG – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_PTHREAD
    – Performing Test HAVE_CXX_PTHREAD – Success
    – Performing Test HAVE_C_PTHREAD
    – Performing Test HAVE_C_PTHREAD – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_FOMIT_FRAME_POINTER
    – Performing Test HAVE_CXX_FOMIT_FRAME_POINTER – Success
    – Performing Test HAVE_C_FOMIT_FRAME_POINTER
    – Performing Test HAVE_C_FOMIT_FRAME_POINTER – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_MSSE
    – Performing Test HAVE_CXX_MSSE – Success
    – Performing Test HAVE_C_MSSE
    – Performing Test HAVE_C_MSSE – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_MSSE2
    – Performing Test HAVE_CXX_MSSE2 – Success
    – Performing Test HAVE_C_MSSE2
    – Performing Test HAVE_C_MSSE2 – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_MSSE3
    – Performing Test HAVE_CXX_MSSE3 – Success
    – Performing Test HAVE_C_MSSE3
    – Performing Test HAVE_C_MSSE3 – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_FFUNCTION_SECTIONS
    – Performing Test HAVE_CXX_FFUNCTION_SECTIONS – Success
    – Performing Test HAVE_C_FFUNCTION_SECTIONS
    – Performing Test HAVE_C_FFUNCTION_SECTIONS – Success
    – Looking for pthread.h
    – Looking for pthread.h – found
    – Found ZLIB: /usr/lib64/libz.so
    – Found TIFF: /usr/lib64/libtiff.so
    – Found JPEG: /usr/lib64/libjpeg.so
    – Found Jasper: /usr/lib64/libjasper.so
    – Could NOT find PNG (missing: PNG_LIBRARY PNG_PNG_INCLUDE_DIR)
    – Performing Test HAVE_C_WNO_CAST_ALIGN
    – Performing Test HAVE_C_WNO_CAST_ALIGN – Success
    – Looking for semaphore.h
    – Looking for semaphore.h – found
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_SHADOW
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_SHADOW – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_UNUSED
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_UNUSED – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_SIGN_COMPARE
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_SIGN_COMPARE – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_UNDEF
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_UNDEF – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_MISSING_DECLARATIONS
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_MISSING_DECLARATIONS – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_UNINITIALIZED
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_UNINITIALIZED – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_SWITCH
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_SWITCH – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_PARENTHESES
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_PARENTHESES – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_ARRAY_BOUNDS
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_ARRAY_BOUNDS – Success
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_EXTRA
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_EXTRA – Success
    – checking for module ‘gtk+-2.0′
    – package ‘gtk+-2.0′ not found
    – checking for module ‘gthread-2.0′
    – package ‘gthread-2.0′ not found
    – checking for module ‘gstreamer-base-0.10′
    – package ‘gstreamer-base-0.10′ not found
    – checking for module ‘libdc1394-2′
    – package ‘libdc1394-2′ not found
    – checking for module ‘libdc1394′
    – package ‘libdc1394′ not found
    – checking for module ‘libv4l1′
    – package ‘libv4l1′ not found
    – Looking for linux/videodev.h
    – Looking for linux/videodev.h – found
    – Looking for linux/videodev2.h
    – Looking for linux/videodev2.h – found
    – Looking for sys/videoio.h
    – Looking for sys/videoio.h – not found
    – checking for module ‘libavcodec’
    – package ‘libavcodec’ not found
    – checking for module ‘libavformat’
    – package ‘libavformat’ not found
    – checking for module ‘libavutil’
    – package ‘libavutil’ not found
    – checking for module ‘libswscale’
    – package ‘libswscale’ not found
    – Looking for libavformat/avformat.h
    – Looking for libavformat/avformat.h – not found
    – Looking for ffmpeg/avformat.h
    – Looking for ffmpeg/avformat.h – not found
    – Found PythonInterp: /usr/bin/python2.6
    – Found PythonLibs: /usr/lib64/python2.6/config/libpython2.6.so
    – Found apache ant 1.9.3: /usr/local/bin/ant
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_DEPRECATED_DECLARATIONS
    – Performing Test HAVE_CXX_WNO_DEPRECATED_DECLARATIONS – Success

    – General configuration for OpenCV 2.4.8 =====================================
    – Version control: 2.4.8-10-g5327482-dirty

    – Platform:
    – Host: Linux 2.6.32-220.7.1.el6.x86_64 x86_64
    – CMake: 2.6.4
    – CMake generator: Unix Makefiles
    – CMake build tool: /usr/bin/gmake
    – Configuration: Release

    – C/C++:
    – Built as dynamic libs?: NO
    – C++ Compiler: /usr/bin/c++ (ver 4.4.7)
    – C++ flags (Release): -fPIC -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -fdiagnostics-show-option -Wno-long-long -pthread -fomit-frame-pointer -msse -msse2 -msse3 -ffunction-sections -O3 -DNDEBUG -DNDEBUG
    – C++ flags (Debug): -fPIC -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -fdiagnostics-show-option -Wno-long-long -pthread -fomit-frame-pointer -msse -msse2 -msse3 -ffunction-sections -g -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
    – C Compiler: /usr/bin/gcc
    – C flags (Release): -fPIC -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -fdiagnostics-show-option -Wno-long-long -pthread -fomit-frame-pointer -msse -msse2 -msse3 -ffunction-sections -O3 -DNDEBUG -DNDEBUG
    – C flags (Debug): -fPIC -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -fdiagnostics-show-option -Wno-long-long -pthread -fomit-frame-pointer -msse -msse2 -msse3 -ffunction-sections -g -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
    – Linker flags (Release):
    – Linker flags (Debug):
    – Precompiled headers: YES

    – OpenCV modules:
    – To be built: core flann imgproc highgui features2d calib3d ml video legacy objdetect photo gpu ocl nonfree contrib python stitching superres ts videostab
    – Disabled: world
    – Disabled by dependency: -
    – Unavailable: androidcamera dynamicuda java

    – GUI:
    – QT: NO
    – GTK+ 2.x: NO
    – GThread : NO
    – GtkGlExt: NO
    – OpenGL support: NO

    – Media I/O:
    – ZLib: /usr/lib64/libz.so (ver 1.2.3)
    – JPEG: /usr/lib64/libjpeg.so (ver )
    – PNG: build (ver 1.5.12)
    – TIFF: /usr/lib64/libtiff.so (ver 42 – 3.9.4)
    – JPEG 2000: /usr/lib64/libjasper.so (ver 1.900.1)
    – OpenEXR: build (ver 1.7.1)

    – Video I/O:
    – DC1394 1.x: NO
    – DC1394 2.x: NO
    – FFMPEG: NO
    – codec: NO
    – format: NO
    – util: NO
    – swscale: NO
    – gentoo-style: NO
    – GStreamer: NO
    – OpenNI: NO
    – OpenNI PrimeSensor Modules: NO
    – PvAPI: NO
    – GigEVisionSDK: NO
    – UniCap: NO
    – UniCap ucil: NO
    – V4L/V4L2: YES/YES
    – XIMEA: NO
    – Xine: NO

    – Other third-party libraries:
    – Use IPP: NO
    – Use Eigen: NO
    – Use TBB: NO
    – Use OpenMP: NO
    – Use GCD NO
    – Use Concurrency NO
    – Use C=: NO
    – Use Cuda: NO
    – Use OpenCL: YES

    – OpenCL:
    – Version: dynamic
    – Include path: /usr/local/opencv/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
    – Use AMD FFT: NO
    – Use AMD BLAS: NO

    – Python:
    – Interpreter: /usr/bin/python2.6 (ver 2.6.6)
    – Libraries: /usr/lib64/python2.6/config/libpython2.6.so
    – numpy: /usr/lib64/python2.6/site-packages/numpy/core/include (ver 1.4.1)
    – packages path: lib/python2.6/site-packages

    – Java:
    – ant: /usr/local/bin/ant (ver 1.9.3)
    – JNI: /usr/java/jdk1.7.0_45/include /usr/java/jdk1.7.0_45/include/linux /usr/java/jdk1.7.0_45/include
    – Java tests: NO

    – Documentation:
    – Build Documentation: NO
    – Sphinx: NO
    – PdfLaTeX compiler: NO

    – Tests and samples:
    – Tests: YES
    – Performance tests: YES
    – C/C++ Examples: NO

    – Install path: /usr/local

    – cvconfig.h is in: /usr/local/opencv/opencv/build
    – —————————————————————–

    – Configuring done
    – Generating done
    – Build files have been written to: /usr/local/opencv/opencv/build
    [root@www6018uf build]#

    • つるぎん より:

      すみません。自己解決しました。cmakeのバージョンが古かったようです。

  24. もみじまん より:

    はじめて投稿します。初心者です。

    フィルタにMonochromeFilterというのがありますが、普通にカラー表示させたい場合はどうしたらいいのでしょうか?

    サンプルコードを元にアプリを作っているので、詰まってしまいました(^_^;

つるぎん への返信